オゾン発生器やオゾン発生装置による、除菌と脱臭! 

オゾンが、安心、安全な生活を守ってくれます!

在庫を増やしましたので、短納期で納入できます!

人体に害を与えないオゾンが快適な生活を守ってくれます!

 オゾンは、太古から自然界に存在する物質ですが、近年、そのすばらしいオゾンの特性(除菌・脱臭・鮮度保持・漂白・ゴキブリ忌避)が立証され、認知度が上がってきました。特に、新型コロナウイルスに効果があることがわかり、病院・保育園・ホテル・飲食店などあらゆる施設の感染予防として利用が急増しています。また、オゾンは、業務用ばかりでなく一般家庭でペットや介護の臭いで困っていることも解決してくれます

人体に影響のない低濃度のオゾンでも、新型コロナウイルスを不活化する事実が、世界で初めて証明されました!!

令和2年8月26日の藤田医科大学のプレス発表  NHKニュースでも放映                                                                       

人体に害を与える高濃度のオゾンがコロナウイルスに効果があることは、5月14日に奈良県立医科大学からプレス発表されていましたが、人体に影響を与えない低濃度のオゾンでも、新型コロナウイルスの感染力を低下させる効果がある、ことが実証されました!

今まで当社は、人がいる時に使用できる人体に影響のない低濃度のオゾン発生器では、新型コロナウイルスを死滅させることはできずあくまでも、感染しにくい環境を創り出す製品として、低濃度のオゾンについては慎重な見解を出していましたが、今回の藤田医科大学さんの実証結果を受け、自信を持って、新型コロナウイルスの感染予防商品として、皆さんのニーズに応じた商品をお薦めしていきます。

オゾン発生器の導入に際し、今までも、多くの自治体が助成金を出しておりますが、今回の発表で、さらに多くの自治体にて認可されると予想されます!是非、皆様のお住いのご地域で、ご確認されることをおすすめします!

助成金申請に必要な見積書も無料で準備できますで、下記からお申込み下さい!

しかしながら、オゾンが認めらない場合もございます。その場合は、HEPAフィルター搭載のダイキンUVストリーマ空気清浄機をお薦めします。詳細は下記まで!

オゾンが特に 利用されている分野  

病院、福祉関連施設、消防署(救急車)、ホテル、食品工場、車関連、
飲食店(ラーメン店、レストラン)、保育園/幼稚園
ペット飼育のご家庭

その他でも、除菌、悪臭、水質、害虫にお困りならば、オゾン発生器が活躍します!

*タバコ、ペット、カビ、トイレ、車、加齢 など、生活上での気になる臭いを解消する家庭/オフィス用オゾン発生器(脱臭器)除菌・脱臭力が強い業務用オゾン発生器(発生装置)通信販売も しております。 また、一部のオゾン商品につきましては無料お試しもしておりますので、お気軽にお申込み下さい。

オゾンはどうやって、除菌や脱臭をするのですか?

オゾンの分子式はO3、つまり、酸素(O2)を原料にして作られます。オゾンは極めて不安定で反応性が高いため、何かと反応して、もとの酸素に戻ろうとします。その時、雑菌や臭い物質と反応するので、除菌、脱臭が行えるのです。また、空気中の酸素が原料なので、いつでもどこでも安価に生成でき、反応後は酸素に戻るため、残留性がない、という優れた特徴を持っています。

除菌のメカニズム

オゾンは、細胞膜を破壊します。細胞膜が破壊されたことで細胞の核が溶け、菌が死滅しますので、耐性菌が発生する恐れはありません。

脱臭のメカニズム

オゾンによる脱臭は、悪臭を他の臭いで包み込み、ごまかしているだけの芳香剤とは違い、悪臭の素をオゾンで分解するため、より高い効果が得られます。

オゾンって人体に悪くないのですか?

オゾンは優れた特性を持った物質ですが、高濃度のオゾンは人体に有害であり、オゾンを利用するには、効果と安全を両立させた濃度コントロールが必要となります。

日本では、0.1ppm以上が、人体への影響(咳や涙が出る等)が出る数値として、日本産業衛生協議会が勧告する作業環境基準濃度として定められておりますが、オゾン利用の先進国であるフランスでは、オゾンに関する基準はありません。
これは、オゾンには特有の臭いがあるため、人間は危険を察知して回避することができることと、オゾンの影響は個人差が大きく、我慢できなくなった濃度がその人の基準である、という考えによるもので、現実に日本を含めて、オゾンによる重大事故は一件も発生しておりません。
したがって、オゾンは、濃度コントロールを正しくして使用すれば、安全な物質と言えます。

オゾン目的必要オゾン濃度
除菌有人条件下・・・0.02ppm~0.05ppm
脱臭有人条件下・・・0.02ppm~0.03ppm

鮮度保持

条件なし ・・・0.03ppm~0.05ppm

ゴキブリ忌避

無人条件下・・・0.1ppm

*有人下での殺菌の場合、一部オゾンで殺菌されにくい菌があるので注意が必要です.
 

オゾン濃度の計算式

 

オゾンの濃度(ppm)は、オゾン発生量(㎎/h)÷空間容積(広さ㎡×高さm)÷2.14で求められます。これは、計算値と言われる数値ですが、実際のオゾンの濃度は、室内換気、反応物(雑菌・臭気物質)自己分解などで、実際は、1/2から1/3となります。

(例)20㎡で高さ3mのオフィスに爽やかウインド(AP-8)を使用の場合の濃度は、

8÷(20×3)÷2.14=0.06ppm(計算値) 実際は、0.02~0.03ppm となります

ご希望の場合は、計算をいたしますので、下記からお問い合わせ下さい!

オゾンの具体的な利用場所はどこですか?

オゾンは、その優れた特性(除菌・脱臭・鮮度維持・ゴキブリ忌避)により、様々な用途があります。

主な利用分野主な対象
飲食店(ラーメン店、レストランなど)客席、厨房、生ゴミ庫
給食施設、惣菜工場、弁当工場等の食品加工業調理場、包装場、生ゴミ庫

病院、老人ホーム、福祉施設などの医療・福祉関連

診療所、病室、待合室、手術室

保育園/幼稚園・塾・予備校・学校などの教育施設

教室、ロッカー、トイレ

ホテル・旅館・結婚式場などの宿泊・宴会施設客室、会議室、宴会場、調理場
スーパー、小売店のバックヤードや倉庫保冷庫、バックヤード、倉庫
救急車、タクシー、レンタカーなどの車両関連救急車や自動車内
一般家庭(特にペットがいる家庭やタバコ臭い部屋)居室、トイレ、下駄箱、冷蔵庫

その他にも、殺菌と脱臭(消臭)のニーズがあれば、ほとんど利用できます。
 

オゾンは、様々な業種で利用されています。導入事例を紹介いたしますので、写真をクリック下さい!

病院・福祉移設

ホテル・旅館

保育園・幼稚園

飲食店・レストラン

オフィス・店舗・その他

ペット・動物関連

物流・車両関連

食品加工・スーパー

福祉用具レンタル

除菌対策で使用する場合の推奨商品を教えて下さい!

人のの出入りが多く、不特定多数の方の感染予防をする必要がある業務用のスペースについて、人体に影響ない濃度で除菌できるオゾン発生器を、広さに応じて選定していますので、参考にして下さい。

1坪=2畳、1坪=3.3㎡、1畳=1.67㎡ 高さは2.7Mで計算しています

★ 簡単な業務用のガイドとしては、オゾン発生量1㎎について、1.2畳が推奨除菌の広さと、お考え下さい。なお、動きの少ない一般家庭では、約1.5倍から2倍の広さまで緩やかですが、除菌できます。

(例)爽やかウインド(AP-8)は8mgなので、8×1.2=10畳(16㎡)の業務用途のの除菌が目安となります。

・業務用の推奨除菌広さ
(一般家庭でご使用の場合は、約2倍の広さまでが目安となります)
推奨除菌の広さの目安推奨製品概算費用(税込定価)
~8㎡(~5畳程度)CS-4 1台約40,000円

8~16㎡(5~10畳程度)

AP-8 1台約60,000円
16~20㎡(10~12畳程度)*CS-4+AP-8 (1+1)台 約105,000円
20~40㎡(12~24畳程度)

 AP-20 1台

 約140,000円
40~100㎡(24~60畳程度)

VS-50S 1台

約220,000円
100~200㎡

VS-50S 2台

約440,000円
200~300㎡

VS-50S 3台

約660,000円
マイクロバス・乗用車SA-18 1台

約22,000円

*AP-8だけでも。時間をかければ、同じ効果の除菌ができます

広さ別のオゾン発生器選定ガイド (業務用途の除菌)

わかりやすいように、有人下の場合も害がなく、十分な除菌ができる業務用の推奨機種を、広さ別に下記の図にしています。濃い色の範囲が推奨除菌の広さですが、薄い色の広さまでは、時間はかかりますが、除菌できる範囲とご理解下さい。

(注)畳と坪の数値は、㎡を基準に計算をして四捨五入していますので、目安としてご覧ください

 上記の数値はあくまでも目安です。具体的な設置場所、広さ、高さをご連絡いただければ、推奨機種と通販価格をご連絡いたしますので、下記よりお問合せ下さい。

主なオゾン発生器(装置)の紹介

低濃度タイプオゾン発生器

快適マイエア(OZ-3S)

通信販売価格(税別)18,000円

オゾンエアサラス(SA-1)

通信販売価格(税別)19,800円

爽やかイオンプラス(CS-4)

希望小売価格(税別)37,000円

爽やかウインド(AP-8)

希望小売価格(税別)57,000円

中濃度タイプオゾン発生器

エールピュール・ドーム(AP-20)

希望小売価格(税別)128,000円

エアフィーノ(VS-50)

希望小売価格(税別)198,000円

高濃度タイプオゾン発生器

エールピュール(AP-500NT)

希望小売価格(税別)270,000円

剛腕2800(GWN-2800TW)

希望小売価格(税別)628,000円剛腕

製造メーカー概要

主なオゾン発生器(装置)は、オーニット株式会社、また、家庭用オゾン発生器は、オーシーアール株式会社の製品です。
オーニット株式会社(オーシーアール株式会社)は、岡山県工業技術センターとの共同開発による独創的で安全第一の商品開発力を持っているオゾン発生器(装置)のメーカーです。

また、主要な製品は、日本オゾン協会の認定品として、高品質のお墨付きをもらっていますので、自信を持ってお薦めします。

オゾン発生器(装置)販売代理店募集

  弊社では、オゾン発生器(装置)の販売店も募集してます。詳しくは、ここをクリック! (個人で販売に興味のある方もどうぞ)

なお、Amazon、楽天、ヤフーの通販モールへの出店をお考えの方は、お取引いたしませんので、予め、ご了承下さい。